イメージに近い写真を持って行く

言葉でイメージを伝えるのってとても難しいですよね。たとえば、芸能人やモデルの髪型・メイクを伝えたい時でも、もし美容師さんがその人を良く知らなかったり、ちがう印象を持っていたのでは、出来上がりに違いが出てくるのは当たり前!そこで・・・雑誌などの写真の切り抜きを持って行ったり、スマホで画像を見せておきましょう。最も確実にイメージが伝わる方法が「写真」です。さらに口頭で、「前髪はこんな風に長めに」などポイントを補っておくとよいでしょう。

カタログをいっしょに見てもらう

美容院にはたいていカタログが置いてあります。そこの中から、近いイメージを伝えることができます。「これ!」というものがないときには、「こうはしたくない」という風に、嫌なことを伝えておくのも1つの方法ですね。たとえば、「ここまで髪色が明るいのはちょっと抵抗がある」「刈上げにはしたくない」などなど。これによって、美容師さんが「できること」を絞り込んでいき、「こんなのはどうですか?」という提案をしてくれることでしょう。

なりたりイメージに近い服装をしていく

お出かけの前にきれいにしたくて美容院に行くものですが、美容院こそ!おしゃれをしていきましょう。たとえば、「ガーリーなヘアスタイルになりたいんです!」と言ってお願いしても、着ている服が無地のTシャツに穴あきジーンズ、では説得力がないですよね。自分のお気に入りの服装、なりたい自分をイメージできるような服装で行きましょう。美容師さんは顔立ちや服装を含め、その人の持っているイメージを参考にしつつ、新しいスタイルを提案してくれますよ。

ヘアメイク派遣とは、結婚式場などのヘアメイクの仕事と美容室でのヘアメイクスタイリストの仕事という意味があります。