フルタイムは正社員に限らない

フルタイムで働くというとどうしても正社員のイメージを持たれがちですが、実際には派遣社員やパートなどの働き方もあります。正社員はそれなりに責任も伴い残業も出てくることも多いですが、それ以外の非正規雇用は融通が効く場合が多っかたりします。正社員と比べれば就職もしやすいのが魅力なので、子育てが落ち着いて社会復帰する人にはお勧めですよ。就職する前に子育て中であることを話し、理解を得ながら周りと協力していくことも大事です。

子どもの保育サービスを選ぶ

フルタイムで働くと、社会保険も付いてくるし経済的にも余裕が出てきます。しかし、子供が小さい場合はその預り場所に困りますよね。まず、保育所は待機児童が問題となっている場合も多いですが、保育園入園までに他の一時保育サービスを利用する手段もあります。働く母親の増加で、最近では幼稚園でも延長保育や夏休みの保育を行うところも増えてきました。近くに育児を手伝ってくれるどちらかの両親がいる場合は、こういった幼稚園を選んでみるのも選択肢の1つです。

働く母親に優しい職場

求人票には、働く母親に理解を示してくれる会社にはそういった表示がされています。これは、子供が理由となる欠勤や遅刻などを優先してくれて、同じような立場のスタッフが多く働いているという特徴が見られます。このような職場で働いていけば、理解してくれる仲間がいるのでとても心強いですよね。会社自体が働く母親を応援する方針でも、スタッフに理解がなければ精神的にきつくなります。このことも含めて、面接などで聞いておくといいでしょう。

シングルマザーの仕事として様々な仕事がありますが、代表格に看護師があります。院内保育園を完備している場合が多いです。