工場や倉庫内では定番のフォークリフト技術

数多くの製品や部品をまとめて移動する機会の多い工場内のバイトにおいて、やはり持ち合わせておくと便利な技術はフォークリフトの免許や技術となるでしょう。もちろんこれには本格的な免許が必要なリーチフォークやカウンターフォークだけでなく、手動で動かせるハンドフォークの操作技術も含まれます。誰でも簡単に動かせそうで動かせないのもこれらの特徴であり、狭い場所での取り回し方や内輪差を活かしたコーナリングの仕方等、工場内である程度操作の練習を行ってから動かした方が良いでしょう。

梱包や開梱時に必要な段ボール処理

不良品や修理予定の回収品を始め、工場に大量に戻ってくる製品をそれぞれ梱包している段ボール箱。これらの開梱や空き箱の処理は手慣れているとよりスピーディに処理してゆく事が出来ます。重要なのは足の動き。手先だけでなく足も上手く使い、空き箱を上下逆さにする際に軽くけり上げ空中で回転させると手間が掛かりません。もちろん慣れないうちは事故や怪我防止のためしっかり手で行いましょう。またこれらの技術は新規に段ボール箱を組み立てる際にも便利です。

慣れれば荷物専用エレベーターの操作も

比較的規模の大きな工場であれば一つや二つは荷物専用のエレベーターが設置されている事でしょう。人も同時に乗れるエレベーターとは違い、パレットごと運べるタイプのエレベーターはちょっと特殊で上げ下ろし位置まで運ぶコンベアとセットとなっており、パレットの位置合わせを始めフォークリフトと合わせた技術が要求されるものです。こちらもハンドフォーク同様位置合わせの練習を繰り返し行う事によって一連の操作をマスターする事が出来る様になります。もちろん一度このタイプのエレベーター操作を習得してしまえば、他の工場でバイトに入った場合も活用可能ですよね。

季節限定で住み込みの求人を出している仕事があります。農業がその代表格で、忙しい夏の時期だけ住み込みで人を雇っています。