母親の仕事だけではない!!

子育ては親の役割ですが、それだけでは当事者だけが苦しむでしょう。そうならないように、お互いに協力し合う関係になる事です。共働きをしている夫婦ならば、尚更子育てには神経を使いますよね。ストレスを抱えて子育てをしないといけない、如何にして理性を持って取り組めるかにかかっています。子育てはお互いに協力し合っていける方が成功しやすいですが、片方しかやらないのでは、子育てだけでなく、夫婦関係にも大きな影響を与える気がします。

お金が掛かるのも事実!

母親の方が産休、育児休暇と題して休暇、育児をこなしている事でしょう。父親は仕事しているが、子育てを協力するのが今では当たり前になりつつあって、父親にも育児休暇を与える企業が増えています。お互い下手なりに子供を一生懸命育てようと頑張っているので、職場としては無視できないでしょう。子育ては無料では出来ない、色々と買わなくてはならないので、出費は常に増えています。教育費など世の中に出るようになると、余計にお金が必要になります。

仕事と子育ての二者択一

父親の方が仕事に身が入り、覚悟も違うでしょうが、どうしても避けて通れないのが経済環境です。家庭の経済状況によっては教育費などが足りなくなる事態が発生します。そうなると、本業以外にも何らかの形でお金を稼ぐ方法を探し出します。母親だけが家で子育て、仕事もしないといけない状況では誰にも相談できない、頼めないなど見ず知らずのうちに本人を追い詰めている可能性は否定できないでしょう。協力し合う事で、子育てを上手く運べるようにする事です。

子供が幼稚園に行きはじめから働きに出る母親がいますが、この主婦のパートを決める時に何を優先するのか十分に考えて決める事が大切です。子共が小さい頃はまだ職場の融通が利く職場を選ぶといいかもしれません。